「たまごのはなし」「ぼくは むくどりのヘンリー」




「たまごのはなし」

しおたに まみこ(著), ブロンズ新社 (2021/2/19)


静かなキッチンで目を覚ました、たまご。

ずっと長いこと寝ていたような気がするが

本当のところはよくわからない。

とにかく、起きてみた。

起きてみたら、考え始めたし行動し始めた。

でも、マシュマロに教えられるまで

「話すこと」はしていなかった。

話さないとほとんどのことは伝わらないと知って

たまごは読者に話し始める。




「ぼくは むくどりのヘンリー」

アレクシス・ディーコン (著), ヴィヴィアン・シュワルツ (イラスト), 青山南 (翻訳)

ぷねうま舎 (2020/6/25)


周り(むくどりの群れ)が騒がしすぎて

今まで自分の考えが聞こえなかったヘンリー。

あるとき「自分が考えている」ということに気づき

ぼくってすごいのかも?!と自惚れたのもつかの間、

怪物に飲み込まれてしまい

自信を失いかけてしまう。



静寂の中で自我が目覚めるたまごと

喧騒の中で自我が目覚めるむくどり。


自分はなんなんだろう、

ほんとうはどうなんだろう……

思考が行ったり来たりしながら


どちらも、ひとりで完結していないところがいい。

たまごは異質な他者との関わりで

ヘンリーは同類の他者との関わりで。

15回の閲覧

Book Review Blog