「オオカミ県」「ウサギ」


「オオカミ県」

多和田葉子 文, 溝上幾久子 絵

論創社(2021.4.20初版)


田舎者=オオカミ、東京の連中=ウサギ。

ウサギたちは、実はウサギのふりをしている色々な動物。

嘘と本当が混在する「風の噂」というウェブサイトや

オオカミ県から東京に毛皮を輸出できないようにして

バナナ爆弾工場の設置を受け入れるしかない状況に追い込む計画……などなど

比喩にリアリティがある。

ストーリーもさることながら

幻想的な銅版画の描写が素晴らしくて引き込まれる。





「ウサギ」

ジョン・マーズデン 文, ショーン・タン 絵, 岸本佐知子 訳

河出書房新社(2021.1.30初版)


海からやってきたウサギたち=人間、西洋人、外来種。

わたしたち=自然環境、先住民、在来種。

価値観や文化の違いによる衝突。

あまりにも多くのウサギたちによって

やがて大地は枯れ果ててしまう。

どこに救いを求めたらいいのか……

"最初のうち"には描かれていた曲線が

次第に直線だらけになっていく。

デフォルメされたウサギが、不気味でこわい。




どちらの作品もウサギが、多数派の論理や都会・文明、

そして征服のメタファーとして描かれている。


前者は、それでも立ち向かっていく(弱者のままではない)という

希望が見いだせるが

後者は、問いを投げかけられた読者に委ねられているという印象。


どちらも、画集としても成り立つほどの作品。



45回の閲覧

Book Review Blog