「青の読み手」「あの本は読まれているか」



「青の読み手」

小森香折 (著), 平澤朋子 (イラスト), 偕成社 (2021/2/10)


「あの本は読まれているか」

ラーラ・プレスコット (著), 吉澤 康子 (翻訳), 東京創元社 (2020/4/21)



どちらも「1冊の本」をめぐるストーリー。


前者は、中世西欧風ファンタジー児童文学。

77年前のエピソードをからめつつ「サロモンの書」の秘密を探る。


後者は、東西冷戦時代の実話に基づいたミステリー。

ニューヨークとモスクワを交互に舞台にして

「ドクトル・ジバゴ」の出版をめぐる攻防を描く。


いずれも「1冊の本」が持つエネルギー(良くも悪くも)、

威力、衝撃力、破壊力を信じる者たちが、翻弄される。


テイストはまったく異なるが、

「1冊の本」に向かう“執念”には共通するものがある。


15回の閲覧

Book Review Blog