「迷子の星たちのメリーゴーラウンド」「春の旅人」


「迷子の星たちのメリーゴーラウンド」

日向 理恵子 (著), 六七質 (イラスト), 小学館 (2021/3/19)


街に不可解な現象が続き、小中学校は休校が続く。

生きづらさを抱えた子どもたちが

廃墟となった遊園地に集められる。

遊園地に住んでいるという少女は

3歳からずっと遊園地から外に出ることができない。


「春の旅人」

村山 早紀 (著), げみ (著), 立東舎 (2018/3/16)


取り壊し寸前の遊園地で出会ったおじいさんが

戦争中に偶然出会った「宇宙の亀」。

51年に一度、地球にやってくるという

彼らの再訪を待っている。

遊園地と宇宙。


前者は、廃墟となり来年取り壊される遊園地。

少女はある理由で宇宙とつながっている。

子どもたちの抱える痛みが辛いが

最後には救いがある。


後者は、閉園して来月取り壊される遊園地。

おじいさんはかつて、

宇宙から降ってきた亀の産卵を手伝った。

「地球のきょうだい」という言葉が印象的。


寂れた遊園地から、幻想的なイメージが掻きたてられる。

10回の閲覧

Book Review Blog