「ムカムカ! “いかり”は あばれんぼう」「かなしみがやってきたらきみは」


「ムカムカ! “いかり”は あばれんぼう」

ささき みお (イラスト), まつまる みき (監修)

少年写真新聞社 (2020/10/16)


心の中にあるいろいろな「きもち」が擬人化されている。

なかでも、ムカムカした時に巨大化して暴走する

「ムッキー」をどう制御するか具体策を示す。


「かなしみがやってきたらきみは」

エヴァ イーランド (著), いとう ひろみ (翻訳)

ほるぷ出版 (2019/10/21)


擬人化された「かなしみ」が突然、訪れてくる。

「かなしみ」とどうつきあっていくのか。

どこかに閉じ込めたら、きみ自身が飲み込まれるかもしれない。


どちらも、形式化された感情のひとつを擬人化しているが

前者は、いつも心のなかにいる存在の肥大化を描き

後者は、外から“なにか”の形でやってくるという描き方。


前者は、どちらかというと実用的で

「ムカつく=怒り」の元にはさまざまな感情があること、

それを「わたし」のメッセージで相手に伝えることを教える。


後者は、どちらかというと観念的で心に沁みる。

「かなしみ」に視点をシフトするところに優しさがあり、

少しずつでも折り合いをつけて生きていく希望を見る。


「動物」や「妖精」などを擬人化するのではなく

「感情」を擬人化する絵本には

どんな時代背景が反映されているのだろう。

9回の閲覧

Book Review Blog