「ブラックホールの飼い方」「色どろぼうを探して」



「ブラックホールの飼い方」

ミシェル クエヴァス (著), 杉田 七重 (翻訳)

小学館 (2020/10/7)


大好きなパパを亡くした少女が

“ブラックホール”をペットにする。

ユーモラスで奇想天外な冒険譚を通して

喪失と向き合う健気な姿が胸を打つ。


「色どろぼうをさがして」

エヴァ ジョゼフコヴィッチ (著), 大作 道子 (翻訳)

ポプラ社 (2020/10/14)


ママが事故で意識をなくしたまま入院中。

日常のいろいろな歯車が嚙み合わなくなるとともに

部屋から色がひとつずつ消えていく。


どちらも喪失の心情を色彩(の不在)で描く。

少女たちは一人でなんとかしようとするけれど

必ず味方や、わかり合える存在、見守ってくれる大人がいるのが救い。

乗り越えようともがく人に届いてほしい物語。

9回の閲覧

Book Review Blog