「パンツ・プロジェクト」「いろいろいろんなかぞくのほん」


「パンツ・プロジェクト」

キャット・クラーク (著), 三辺 律子 (翻訳), あすなろ書房 (2017/10/27)


女の子、女子、娘、お嬢さん…と呼ばれることに違和感を持つ中学生のリヴ。

家には母さんとマンマと弟がいる。

女子は黒のプリーツスカートをはくこと、という校則に抗う。


「いろいろ いろんな かぞくの ほん」

メアリ ホフマン (著), ロス アスクィス (イラスト), 杉本 詠美 (翻訳)

少年写真新聞社 (2018/2/2)


結婚と離婚と再婚、文化や宗教の違い、

ジェンダーやセクシュアリティ、親と子などの捉え方にとどまらず

さまざまな「家族」のかたちを提示する。

どちらも生き方の多様性をテーマにした作品。

個々がいつどう幸せを感じるかは、誰か他の人が決めることではないはずなのに

なぜかおせっかいな誰かが、どこかからやってくる。

おせっかいな誰かを内面化して、それが葛藤を生むこともある。


今、笑顔なのか笑顔じゃないのか、だけで判断してしまうのも違うのだろうと思う。

9回の閲覧

Book Review Blog