「クララとお日さま」「AIロボットひと月貸します」


「クララとお日さま」

カズオ・イシグロ (著), 土屋 政雄 (翻訳), 早川書房 (2021/3/2)


「AF(人工親友・AIロボット)」のクララは病弱な少女に購入される。

クララは、観察と学習と推測によって

自分にできることは何かを真摯に考え、行動する。

そして「お日さま(太陽光)」の起こす奇跡を信じ、祈る。

「AIロボット、ひと月貸します」

木内 南緒 (著), 丸山 ゆき (イラスト), 岩崎書店 (2020/8/13)


栄太は、自分の分身「AIロボット」をレンタルしてエイトと名付ける。

エイトに宿題や学校生活、クラブ活動などをやらせるが

彼が本人よりも上手く立ち回っていることを知り

次第に嫉妬心を覚える。



前者は、AIロボット目線で人間と向き合う。

後者は、AIロボットと向き合う人間目線。


共通するのは

AIロボットが人間を思う健気で真っ直ぐな「感情」と行動力。

そして人間は、矛盾した感情を持ち自身で制御しきれない行動をすること。


AIロボットと比較することで

人間の愚かしいほど不格好な“人間らしさ”が際立つ。


そしてAIロボットの存在の儚さも、共通していて切ない。

11回の閲覧

Book Review Blog