「イマジナリーフレンドと」「見知らぬ友」


「イマジナリーフレンドと」

ミシェル クエヴァス (著), 杉田 七重 (翻訳), 小学館 (2019/4/17)


自分が、“子どもの想像上の友だち”であることを知ったジャックはショックを受け

「見えない友だちの会」に参加したり「職業安定所」に行ったり

「自由になったらやりたいことリスト」をつくる。


「見知らぬ友」(表題作)

マルセロ・ビルマヘール (著), オーガ フミヒロ (イラスト), 宇野 和美 (翻訳)

福音館書店 (2021/2/12)


ルシオが出会った不思議な存在は、他の誰にも見えていない。

算数のテストで正答したり、ラブレターを代筆してくれたり

人生におけるピンチになると現れて、ルシオを助けてくれる。


イマジナリーフレンドを題材にした絵本や児童文学は少なくないが

この2作はどちらも異色といえる。


前者は、イマジナリーフレンド自体を主人公にしていて

後者は、一般的な親密なイマジナリーフレンドとは

一線を画している。


前者は、イマジナリーフレンド自身が「自分探し」をするストーリーで

ジャックの一人語りには、悩みのなかにも明るさがある。

“見えない友”の話なのに、なぜかリアリティがあり引き込まれる。


後者は、非常に短いストーリーながら、

ラストまで謎めいていて読者の解釈に委ねられる。

後に続く9篇の短編も、それぞれ直接つながりはないが

全体として余韻が残る1冊。


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

Book Review Blog