「ぜったいぜったい ひみつだよ」「ひみつだからね」


「ぜったい ぜったい ひみつだよ」

アナ・カン (著), クリストファー・ウェイアント (イラスト), 木坂涼 (翻訳)

ほるぷ出版 (2017/4/20)


カエルなのに○○が苦手…ということに

劣等感を持ち、秘密にしている男の子。

両親に秘密を告白するために読者の力を借りる。


「ひみつだからね」

軽部武宏 (著), 偕成社 (2020/7/18)


林の奥で出会うもの、貝殻を拾うと現れるもの…

ぼくだけの世界=幻想的なワンダーランドに読者を誘う。


どちらも男の子が読者に向かって「ひみつだよ」といって

彼らのひみつを教えてくれる。


前者は、ひみつ=弱み・はずかしいと思っていること。

でも告白したくなったのは、克服したいと思っているから。

意外とそんなひみつは皆、隠せているようで隠せていない。


後者は逆に、ひみつ=ひとりじめしたい自慢の世界。

でも教えてくれるのは、一緒に冒険したいから?

そして、君の秘密の世界も教えてねと語りかける。


「ひみつ」は魅力的な言葉。

いったい何だろう?と想像をめぐらせる。

「おしえてあげる」と言われると

読者は主人公(絵本)と、一対一(One to One)で向き合う。

人間関係構築における「秘密の交換」は意味深い。

7回の閲覧

Book Review Blog