「このままじゃ学校にいけません」「ナイアル」


「このままじゃ学校にいけません」

ベン ブラッシェアーズ (著), エリザベス バーグランド (イラスト), 福本 友美子 (翻訳)

犀の工房 (2019/9/21)


できないことやわからないことばかりのエディは

別のものになりきることでやり過ごす日々。

エディの顔は、モノクロで表情なく描かれる。


「ナイアル」

藤井カゼッタ (著), シズカ (イラスト)

フレーベル館 (2021/4/23)


ライネも、できないこと、もっていないものばかりの自分が悲しい。

別のものになりきってやり過ごすのではなく、

灰色で描かれる世界から退避する。

できないことや、ないものを数えると

「ない」はゼロなのに、マイナスに捉えてしまう。

同質性や平均が求められる環境においては

より顕著で息苦しい。


エディは、

別のものになるのもいいけれど

そうしなくてもいいとママから言われたことで一歩を踏み出し

描写が色づき表情を回復する。


ライネは、

ものの見方を変えることと、

ナイ/アルのゼロイチではない概念を獲得し

カラフルな世界に飛び込んでいく。


たくさんのエディとライネが

なんとか、少しでも彩りのある世界を生き延びてほしい。

16回の閲覧

Book Review Blog