「お月さんのシャーベット」「おひさまパン」


「お月さんのシャーベット」

ペク・ヒナ (著), 長谷川義史 (翻訳), ブロンズ新社 (2021/6/3)


暑くて寝苦しい夏の夜。

あまりの暑さにお月さまが溶けてきてしまう。

おばあちゃんは溶けた月の雫でシャーベットを作り

みんなに1つずつ配る。


「おひさまパン」

エリサ クレヴェン (著, イラスト), 江國 香織 (翻訳), 金の星社 (2003/7/1)


雪まじりの嵐が続く長い冬。

パン屋さんは太陽が恋しくて、おひさま型のパンを焼く。

いい香りにつられて集まってきたみんなは

おひさまパンを食べる。


暑い夏にひんやりシャーベット。

寒い冬にあたたかなパン。

どちらも、その温度感の対比が絵柄からも伝わってくる。

どちらも、月や太陽という遠く離れた天体を

身近な食べ物に落とし込む発想が、心をくすぐる。


暑いときのひんやりも、

寒いときのほかほかも、

みんなでシェアするからこその幸せ。


前者はこのあと、お月さまに棲む子たちがやってきて

溶けてしまった月が生まれ変わるシーンが幻想的。


後者は、目を覚ましたお日さまがすべてを暖かく包み込む。

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

Book Review Blog