「あめかっぱ」「雨、あめ」


「あめかっぱ」

むらかみさおり (著), 偕成社 (2020/6/5)


雨の日に留守番をしていたなおちゃんの家に

カッパがやってきてピクニックに行くことになる。

しっとりと濡れた森のなかで、雨の日ならではの体験をする。

「雨、あめ」

ピーター・スピアー (著), 評論社 (1984/6/1)


姉弟が庭で遊んでいると雨が降り出す。

2人はレインコートを着て大きな傘をさし

庭から出て雨の街を冒険する。


どちらも「雨だから、出かける」。

レインコート・長靴・傘など普段とは違う装備を身につけ

子どもは非日常感にワクワクする。


どちらの作品も、傘やレインハットを通して

耳元に響く雨粒の音が聞こえてきそうな

細やかな雨の表現がページ全体に描かれる。


前者は、カッパという先導者によるファンタジックな体験が広がる。

後者は、姉弟自身で目の前に広がる様々な雨の現象からイメージを広げる。


どちらも、夜の暖かな家の日常が、日中の冒険と対比され

読者を安心感で包む。

雨の日の美しさに気づかされる。

12回の閲覧

Book Review Blog